シニア犬との明るい生活情報局 | ドッグフードの選び方

介護グッズ記事一覧

シニア犬の悩みとして多いのが、食事です。もちろん健康管理にはもっとも大事なポイントの一つであり、毎日のことなのでなんとかしてあげたいものですが、若いころのようにそのまま床に食器を置いて食べさせていませんか?実は食器を直接床に置いて食べるという姿勢は、犬が床まで口を下げないといけないので足腰が辛いものなのです。体力の落ちてきたシニア犬はちょっとの負担でも嫌がるようになります。食欲もちょっとしたことで...

犬用の車椅子というとなんだか事故などで歩けない犬用というイメージがあるかもしれませんが、足腰が弱くなってきたシニア犬の寝たきり予防にも効果がある実用的な器具としても多く使われています。加齢と共に歩くのが辛そうだなと思ったら、無理なく歩行ができるようにサポートができる犬用車椅子を用いるのがおすすめです。シニア犬は何もしないとどんどん運動量が落ち、筋肉も減ってやがて歩行ができなくなってくるということも...

犬にとって大事な睡眠をサポートする介護グッズ。犬は成犬でも一日のうち半分、約12時間以上は寝て過ごしていると言いますが、シニア犬はさらに1日の4分の3にあたる18時間以上も寝て過ごします。浅い眠りではあるのですが、体力が弱って運動ができないシニア犬にとって、睡眠の環境は一日の大半を過ごすとても大切な場所と言えます。シニア犬の寝る場所は柔らかさ、肌触りにこだわって選んであげてください。お勧めの一つ目...

シニア犬は足腰がどうしても弱くなってきます。室内でもちょっとした段差につまずくことで、弱くなっている骨や関節には負担がかかり、骨折してしまうリスクもあります。そんなシニア犬の為にバリアフリーを取り入れてみませんか?シニア犬になってくると、体力の衰えから不安がち、寂しがりになる傾向が強くなります。常に家族の側、姿が見えるところで愛犬が安心して過ごせるように工夫をしてあげて下さい。あなたのワンちゃんの...

犬も高齢になってシニア犬と呼ばれるようになってくると、人間と同じように「床ずれ」ができてくることがあります。床ずれは高齢になって運動量が落ちてきて、同じ姿勢で長時間いることが多くなってくることにより床に触れている体の部分が、あまり動かなくなることで起こってしまいます。シニア犬の床ずれが起きやすい部分としては、「頬骨」「肩」「ヒザ」「骨盤」「足の関節」などです。骨が出ていて地面と接することが多い個所...