住まいの見直し | シニア犬との明るい生活情報局

住まいの見直し

シニア犬にとって、食事や運動と同じくらい大切なのが住まいの環境。犬も人間と同じで年齢を重ねると成犬だったころには考えられないような怪我をしてしまうことがあります。犬の気持ちになって考えることにも限界がありますので、事前に起こりうるアクシデントを知っておき、ワンちゃんの怪我防止をサポートしてあげてください。

 

 

シニア犬が怪我をしやすい場所

 

フローリングにはマットで対応

 

床がフローリングだとワンちゃんはつるつる滑って歩きにくい状態にあります。若いころはあまり気にならなくてもシニア犬になると負担が大きくなり関節痛などの病気を引き起こすことがあります。(フローリングはシニアでなくても負担がかかるためできるだけ早い段階で対応してあげてください。)対処法として手っ取り早いのが、滑りにくいマットを引いてあげること。じゅうたんなどの毛が長いものは、爪が引っ掛かって転倒することもあるので避けてください。定期的に足裏の毛をカットしてあげると安心です。

 

 

怪我をしやすい段差を少なく

 

シニア犬が転倒する原因の一つに「段差」があります。加齢が進み玄関に上がれなくなった場合には、ステップ台などを置き段差を少なくしてあげてください。不安定なものだと逆に危険ですので、脚の下に滑り止めを置いたりなどしてしっかりと安定させてください。ステップ台でも負担になるときは傾斜が調整できるスロープがおすすめです。また、階段も転倒の原因になりますので、階段には上れないような柵を利用すると良いでしょう。

 

 

その他危険な場所がないかチェック

 

フローリングや段差の他にも何か危険な場所がないかもう一度チェックしてください。シニア犬になると視力が衰え今まで見えていたものが見えにくくなることもあります。家具の角が突き出ているようなところはないか、書籍や雑貨など棚に不安定な置き方をしているものはないかなど、ちょっとしたことでもワンちゃんンの怪我につながる可能性があるので注意してください。家具はできる限り少なくし、部屋もきれいにしておくことをおすすめします。

 

寝床のチェック

寝具はクッション性のあるものを選び、ワンちゃんの快眠をサポートしてあげてください。常に清潔を保てる洗濯可能な素材がいいですね。排泄してしまったときのために寝具の上にペットシーツを敷いておくと安心です。

 

 

また、シニア犬になると体温の調節機能が低下するため、温度調節も大切です。暑い夏の時期には涼しい場所を選び、寒い冬の時期は暖かい所に移動させてあげてください。夏に注意することとしては、@直射日光が当たらないことA冷房の風が直接当たらないことB適度な水分補給など。冬には乾燥防止のため加湿器を置いてあげると良いでしょう。保温性の高い介護用マットやペットヒーターなどもおすすめです。

 

 

可動域が狭まり寝ていることが多くなったら低反発マットなど床ずれを起こしにくい素材に変えてあえることをおすすめします。