シニア犬に良い食材

シニア犬のフードにちょこっとプラスしたい野菜

犬に食べさせてはいけないものとしてよく玉ねぎがあがりますが、
逆に食べさせてもよい野菜についてはご存知ですか?
犬は雑食なので基本は野菜も食べられます。
そして人間と同じで体によいものもたくさんあるのです!

 

しかし食べ方や量に気をつけないといけないということもあるので、
シニア犬の健康を守るという点でお勧めの野菜を食べ方と一緒にご紹介します!

 

 

 

にんじん

にんじん体の酸化を防ぐβカロチンが豊富です。
免疫力を高めてくれる効果があるんです。
しかもさらに二つの嬉しい点として
生のまま与えてOKということ。
スティック状であげると歯茎のマッサージ効果があり、
公衆予防にも効果があります。

 

10gを目安に与えてください。
細かくみじん切りにしてあげたり、
摩り下ろしてドッグフードと混ぜるのも効果的です。

 

 

さつまいも

さつまいも抵抗力を高めるビタミンと食物繊維が魅力です。
なかなかふんばる力が弱くなってきたシニア犬にとって
日ごろの抵抗力を高めるためには
サツマイモがお勧めです。
口当たりも甘くておいしいので犬も食いつきがよいはず。
皮は一緒にあげて大丈夫です。

 

 

必ず火を通したものをあげてください!生はあくが強いのでダメです!
そして10g程度を目安にたくさんあげすぎないようにしてください。
おなかがゆるくなったり、糖質が高いのでカロリーオーバーになります。

 

 

キャベツ

キャベツこちらも食物繊維が豊富で腸の働きを助けます。
カロリーも少ないので
シニア犬のカロリーを抑えたいときに
安くて与えやすいキャベツはお勧めです。
水分も一緒に取れるので夏場などの
食が細いときにも食べやすいです。

 

さっとゆでて細かく切ってあげてください。

 

量は全体の食事の2割程度を目安にしてください。量が多すぎるとおなかにガスがたまります。

 

 

大根

大根生の大根は消化を助ける酵素が豊富です。
おろすか細かく刻んで小さじ一杯ほどあげてください。
ゆでたものも細かく刻んであげてかまいません。
ゆでても食物繊維が豊富です。
水分を取らせたい場合にも最適です。

 

 

葉の部分は生でも火を通したものでもあげてはいけません。

 

 

きゅうり

きゅうり90%以上が水分のきゅうりは
暑さ対策や水分補給をしたい犬のおやつとして
生のまま手軽にあげられます。
きゅうりにたくさん含まれるカリウムは利尿作用があり、
高血圧にも効果があります。

 

スティック状か輪切りにして20gを目安にあげてください。

 

カリウムは腎臓病や心臓の疾患がある犬には決して与えないようにしてください!

 

 

野菜に慣れていないとなかなか最初は食べないかも知れませんが、
フードに混ぜてあげるなどして工夫して
シニア犬の健康管理に役立ててみてください!