尿路結石 | シニア犬のドッグフードの選び方

尿管結石とは

尿管結石症とは体の中に石ができる病気のことです。膀胱、腎臓、尿管、尿道などおしっこの通り道にできる石を「尿路結石」と言い、これができる病気のことを尿管結石症と言います。これらは人間にもおこる病気で犬にも比較的よくみられる病気です。

 

 

おしっこは体の老廃物が腎臓でろ過されて、尿管を通って膀胱にたまり、尿道を通っておしっことなって排出されます。しかし、体の老廃物の中には石のような結晶を作ってしまうものがあります。はっきりとなんで結晶がつくられるのかはわかっていないことも多いのですが、ミネラルの過剰摂取、ホルモンの乱れ、後は遺伝による体質、そして細菌への感染が原因と言われています。

 

 

この尿路結石にはいくつか種類があるのですが、一番多いのがストラバイト結石、次に多いのがシュウ酸カルシウム結石です。犬がかかる尿管結石症の約半数がストラバイト結石と言われています。

 

 

この尿管結石症は、かかってしまうととてもつらい症状を起こします。角が尖っていて体の中にあると内側をちくちくと常に刺激するようになります。もちろん痛みを感じますし、膀胱炎になったり、血が出てそれがおしっこに混ざるようになったりもします。一日に何度もおしっこに行きたくなったり、毎回のおしっこの度に痛みや違和感を感じるようになります。

 

 

また、大きさは進行具合によって様々ですが、あまり大きくなると尿道がその石で詰まってしまいおしっこがそとに出なくなってしまうということにもなりえます。愛犬の排泄の様子がおかしいと感じたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

 

 

尿管結石の予防と対処法

予防方法としては、食事療法が一般的です。結石のもととなるミネラルのバランスを調整した食事と水分をたくさん取ることです。またできやすい結石の種類にもよりますが、尿のPHを酸性に調整することで溶ける結石もありますので意識して食事のPHをコントロールするという方法などもあります。尿管結石症は原因が体質によることも多い為、再発もよくある病気です。一度かかってしまった犬は再発することも多いのでしっかり獣医さんと連携を取り、長期的に予防していくことが大切な病気です。

 

尿管結石症と食事

尿管結石症は再発しやすく、また一度かかってしまうと長期的な治療が必要になる病気です。ここではどのような予防法・ケアがあるのか食事を中心に見ていきましょう。

 

 

ミネラルの調整

 

結石の原因となるミネラルを食事で調整していきます。ミネラルとは主にマグネシウム、リン、カルシウムなどですが、単純に摂取量を減らせばよいというものではありません。バランスが崩れることによって結石ができますので適切にコントールすることが大切で、専用のフードを与えるようにするのが一番です。

 

 

飲み水を増やす

 

飲み水を増やすことを心がけるようにします。水分が少ないと尿の成分が濃くなります。そうすると尿の濃度が上がり、老廃物が流れにくくなりますので水分をしっかりとること、またきれいな飲み水をいつも用意してあげることが重要です。

 

 

トイレの回数を増やす

 

なるべく膀胱におしっこがたまるのを避けるためトイレの回数を増やしてあげましょう。尿が長い時間、体内にあればあるほどおしっこの濃度が高くなり尿中のミネラルが飽和状態へと進行、それ以上体内で吸収できない状態になります。お水をたくさん取って、たくさん出すということがポイントです。

 

 

症状が重い犬の場合は、おしっこのPHチェッカーがおすすめです。尿路結石症になると尿が酸性からアルカリ性に変わります。こうなるとこれまで酸で溶けだしていた成分がアルカリ性では分解されず結晶化してしまうのです。つまりあらかじめ毎日の尿のPHをチェック知ることによってアルカリ性にならないように、常に酸性を保てるようにするのがPHチェッカーです。

 

 

食事・完食の量や回数をコントロールする

 

一日のうちの食事の回数を決めた回数だけで間食を減らします。これは空腹の時間を増やすためです。空腹の間は尿のPHは酸性になりやすいからです。一日の必要カロリーは守って、間食は控えるようにしましょう。基本的には犬にもよくある病気なので病院で治療食も販売してもらえますし、ペットショップでも尿路結石症専用のフードも販売されていますのでそれらを利用しましょう。

 

 

ミネラルの多いものは与えてはいけません。特にカルシウム配合のエサなどはよく見ますが、ほかには煮干し、ホウレンソウ、そして盲点なのがミネラルウォーターです。ミネラルウォーターはマグネシウムを含むものが多いので、きれいなお水をたくさん与えてあげたいという気持ちはわかりますが成分をチェックしてからにしてくださいね。

 

 

尿路結石症の犬はたくさん運動させるとよいという説もありますが、これは犬の体調をよく見極めて、お医者さんに相談してからにしてください。運動がいい理由としては、運動後は乳酸が体内で作られるため体が酸性になること、体を動かすことで意思が外に出やすいということがありますが、体調が悪い時に無理をさせてると余計に悪化するというケースもありえます。注意してくださいね。

 

尿管結石ができやすい犬種

尿路結石症はオス・メスともにかかる可能性のある病気ですが、基本的にはメスに起こることが多いといわれています。メスの尿道の方がオスより短く、外に出ているため細菌に感染しやすくなります。ただし、オスだから大丈夫と言うわけではありません。

 

 

結石は小さいものならおしっことともに排出されてある程度大きくならないと症状は出ないものなのですが、オスは尿道が長いためメスよりも小さい結晶でも詰まりやすいという傾向にあります。また痛みもメスより大きいことも多いようなので、オスメス両方とも気を付けてあげるようにしましょう。

 

 

また犬種によって尿路結石ができやすい傾向が見られます。ダルメシアンは遺伝的に尿酸の代謝が悪いと言われおり、結石が多くみられます。、シーズー、シュナウザー、ミニチュアシュナウザーも、ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石ともにできやすい犬種だといわれています。他にはチワワやヨークシャーテリア、ダックスフンドなども言われています。

 

 

しかし体質や遺伝でかかってしまう確率が高いとしても、しっかりとした食事療法や生活習慣の改善で、予防・ケアが十分に可能になる病気です。「トイレの頻度が多くなった」「血尿が出た」「排泄の時間が長くなった」などは尿管結石のサイン。段から愛犬の様子を良く見てあげるようにしましょう。